あのAV女優と二人で!

先月は同僚をいう素晴らしいセフレができた訳ですが、それでも私の性欲は満たされません。
やはり根っからのデリヘル好きなんでしょうね。いつもデリヘルの事ばかり考えています。
会社でデリヘルのホームページを見るという事はかなりリスキーだと言う事を身を以て経験しましたのでwww今後は慎重に会社のトイレで女の子選びに励みたいと思います。
今頃彼女はオナニーでもしているのかな?

北上のデリヘル店では元AV女優がいるお店があると、とある情報筋から聞きました。
この有力情報を手掛かりに、私なりに調査したところ、該当するお店がありました。AV女優がデリヘル働くと言う事は結構ある話らしいのですが、そのAV女優は結構有名で、誰でも知っている名前だった為、多少高額でも呼んでみたくなりました。
デリヘル店に電話で確認すると、この子だけ値段が倍近く高く設定されていました。
超有名人ですので当然ですね。使用するホテルも店指定のみだったので、相当気合が入っている様子です。

当日、緊張しながら指定されたホテルで待っていると、チャイムがなり、AV女優がやって来ました。その姿は、スラリとしていて高身長で、胸は大きく完璧なスタイルでした。
普通の女の子と何が違うのかと言われると、見た目というか、オーラが違います。
上質で、綺麗で、笑顔がとてもすてき。普通に芸能人かな?と思ってしまう。第一印象はそんな感じでした。
今回のお相手がお相手なので、普段通り、デリヘルでやってることをしたらいのか、何か特別なことがあるのか聞いて見ましたが、「普通でいいよ」との事・・・
結構・・・、ドライなんですね。
彼女に近づくと、嗅いだことのないような素敵な匂いがしました。
甘くてスパイシーな香りは、今後忘れることがない思い出になるでしょう。
優しくハグしていると、彼女の舌が口の中に入ってきます。
本場仕込みのねっとりとしたキスは、軽くしただけでもイッてしまいそうな程のテクニックでした。
いつものように彼女の性感帯に愛撫すると、テレビから聞こえてくるようなエロい声で喘いでいます。
この最高の雰囲気と、彼女のテクニックで、早々にイッてしまいました。場の雰囲気が大きいと思いますが、気分次第でこうも変わるものなのかと実感したのです。

際のはゴムをつければ入れていいと言われましたので、挿入すると、キツキツなお○んこで、AV女優とは思えない狭さでした。
固定観念でガバガバなんだろうなぁ〜なんて思っていた自分がとても恥ずかしいです。
ある程度腰を振っていると、彼女も腰を振ってきます。私のテンポに合わせてくれているようで、シンクロした動きは機関車のように思えました。
私はゴムをつけていたので、そのまま中に放出すると、あまりの気持ち良さに、しばらく動くことができませんでした。

帰る直前までいちゃちゃして、まるで恋人のような感じでした。
北上でこんな有名人とヤレるなんてびっくりです。なかなかこんな経験はできないので大事に心にしまっておく事にします。

同僚とまさかの・・・

会社で、デリヘルのホームページを見ていたら女性社員から見つかってしまいました。
100パーセント私が悪いんですが、その女性社員から駆け引きのようなものがありまして、口止め料として私と体の関係を持ちたいのだそうです。
私もタダマンできるならとすぐにOKを出しまして、そ日の夜、実際にする事になったのです。
素人とエッチするのは何年振りでしょうか?デリヘルの素人系とは訳が違います。
本物の一般人なのですから。北上で会社の同僚にバレなさそうなラブホテルを探したあげく、郊外のラブホテルに決定しました。

助手席に会社の女性社員がスーツを着て乗っているのがかなり違和感がありました。
そしてその光景にすでに興奮しているのか、私は股間はどんどん熱くなっていきます。
ホテルに到着すると、なんで私としたかったのか根掘り葉掘り聞いてみました。
彼女は以前から私としてみたかったようです。デスクが近いこともあり、毎日顔を合わせているとだんだんと性欲が湧いてくるようです。
最近では、我慢できなくなると会社の女子トイレでオナニーしているらしいです。毎日一緒にいますが気づかなかった・・・。
彼女がそんな淫らでハレンチだったとは想像もつきませんでした。

着ているベストを脱がせると、シャツの上からでも分かる程の大きなおっぱいが飛び込んできました。
思っていたよりも巨乳でしたので驚きました。最初はなんだか恥ずかしかったのですが、次第にエロい雰囲気になり、気づけばその巨乳を揉みしだいていました。
彼女の顔は普段見ない女の顔になっていて、会社で見る顔とは全く違います。
ブレーキが効かなくなってしまった彼女はスルリと私の股間を弄ってきます。ベルトを外しパンツを降ろされてそのままフェラチオされました。
やっぱり会社の同僚という要素がかなり大きくてデリヘルとは違いかなり興奮します。
彼女を裸にすると、大きなおっぱいが非常に興奮します。そして驚く事にパイパンでした。

すでに愛液でびちゃびちゃになっているあそこをぺろりと舐めると、「うぐっ・・」と我慢する声を漏らします。
「欲しいのか?」と尋ねると、恥ずかしそうに「うん・・・」といって顔を赤らめました。
当然私も我慢の限界に来ていたので、正常位の格好で挿入しました。穴はヌルヌルとしていましたので、私の大きな股間はスルリと簡単に入っていきました。
彼女のあそこは結構しめつけがなく、ゆるゆるでしたので、私の他にセフレがいるのか?と尋ねると、6人ほどいるとの事。
相当好き者のようで、毎週誰かと交わってるとこの事でした。

念のためにないとは思いますが、北上でデリヘルをした経験はあるかと問い詰めると、さすがにそれはないとの事で安心しました。
この夜は2回ほどイってしまいましたが、今後もこのセフレ関係を続けたいと思います。
ひょっとしたら、誰もいなくなった社内でできるかもしれません。
これは相当燃えると思います。

メイドデリヘル

前回に続き、これまでまだ一度も経験していないジャンル「メイド」を経験してみたいと思います。
メイドって何??から始まると思うのですが、皆さんもそうですよね?メイド好きって私の周りにはいませんが、好きな人は好きなんですね〜。
私が想像するに、このジャンルはSな人が利用するジャンルだと思うのです。メイドの決まり文句である「おかえりなさいませご主人様〜!」を代表するように奉仕する感じのサービスなんでしょうか?
実際に行ってみないと分からないのですが、皆さんを代表して行ってきましたよ。

実際はメイド専門店なんていうお店は北上にはありませんでした。
その代わりメイドコースなるものがあったので、そのお店で体験する事にしました。
料金は意外と安く、もしかしたら穴場かもしれません。

念のために受付にメイドの異常で派遣差するのか問い合わせてみたところ、ラブホテルだったら可能という返事が返ってきました。
ですので、今回は北上のラブホテルでのレポートとなります。
そういえば、ここ北上には変わったラブホテルがいくつもあり、利用者を楽しませてくれています。どぎついSM部屋もあったり、メルヘンチックな部屋もあったり、本当に様々です。
メイドにお似合いなのは、メルヘンチックな部屋かな?と思って今日は普段だったら絶対に利用しない部屋にする事にしました。

普段と勝手が違うので、ドキドキです。たまにはこう行った新鮮なジャンルもいいものですね。
ちょっと興奮して来た私は、持参したビールを飲んで気を休めました。
しばらくすると、ドアをノックする音がしたので、駆け寄って見ると、メイド服を着た女の子がいます。
なんだかテレビで見て事があるような衣装で、これはこれで良いなと思いました。

メイドというからにはこき使ってやります。
話す口調も命令系でいくと盛り上がると思うので、慣れない命令をバンバンしてみる事にします。

のっけから「チンコしゃぶれオラ!」なんていうと絶対引くと思いますし、楽しめなくなると思ったので、まずはソフトに優しいタッチで命令してみようと思います。
まずはお風呂で体を洗ってもらう事になりました。彼女はしてあげるのが大好きだという事で、全身くまなくボディソープで洗ってもらいました。
次に、してもらったのはフェラチオです。ここはあえて咥えないでペロペロと舐めるだけにしてもらいました。
そして私はその舐めている彼女の顔をじっくり観察したのです。

お風呂から出ると、体を拭いてもらって、頭までドライヤーで乾かしてもらいます。
こちらは何もしなくても彼女が全部やってくれるのです。
ベッドに仰向けになると、彼女の愛撫が始まりました。見かけによらず巨乳のおっぱいは、事ある度に私の体に触れてきます。
彼女は相当興奮していたのでしょう。よく見るとパンティーからポタポタと変な液体が滴り落ちています。
それを咎めると、「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と謝りつつ、彼女はフェラをしてきました。
言っていることとやっている事がちぐはぐ過ぎて笑ってしまったのですが、だんだんと私も本気になってしまい、そのままイッてしまいました。

どちらかというとSっ気が強いのでメイドのデリヘルは自分に合っている気がします。

素人な感じが好き

北上でデリヘルを呼ぶ時は、ラブホテルが主になると思いますが、実はビジネスホテルも狙い目なんです。
デリヘルといえばラブホテルだと勝手に思っていましたが、ラブホテルに負けないぐらいコスパが良いんですね。しかも一泊の料金ですし、北上駅前で飲んでデリヘルを呼ぼう〜!
となった時でも安心して利用できます。また、朝食付きなんてところも多数ありますので、お得な感じしますよね。
例えば出張でビジネスホテルに宿泊すると、ホテル代が会社持ちなので、ホテル代を気にせずデリヘルを呼べる事になります。
出張で北上に来た際は、ぜひデリヘルを使ってみてください。淫乱な女の子が待っていますよ。

ビジネスホテルがあると気づいたのは最近の話で、それ以来積極的に利用しているのですが、なかなかサービスもいいし部屋はしっかりしているし良いものです。
実は今回も女の子を予約して楽しんできました。
今回読んだ女の子は色白の素人さんでした。念押しで素人なのか問い詰めたところ、つい先月まで建築系の事務員をしていたそうです。
なんだかリアルな感じですよね?とっさに建築系の事務員なんて出てこないと思うので、本当に素人なんだと思いました。

エッチのテクニックは素人なのかな??と思い、早速プレイしている訳ですが、シャワールームでのぎこちなさが、本当に素人を物語っていました。
初めて来たホテルとの事で、シャワーのお湯の出し方が分からず、モジモジしているようです。それをみてなんて可愛らしいんだろうと思い、いきなりおっぱいを鷲掴みして揉みしだきました。
彼女の素人感に完全にやられてしまった私は、そのままお風呂でやってしまおうと思い、シャワーの湯気でよく見えない彼女の唇にキスをしました。
軽いキスがだんだんと激しいキスに変わり、気がつけば女の子の方がノリノリになっています。
彼氏彼女の関係のように、お互い周りが見えていない感じになっています。

湯気であまり見えませんでしたが、お風呂から上がると、彼女は素人のくせに爆乳でAV女優のような体つきです。人生初のパイずりをお願いすると、彼女も初めての経験らしく、実践して見る事になりました。
彼女持参のローションを胸にたっぷりと塗ると、私の股間を巨乳に挟みます。この時点で相当気持ちよかったのですが、股間を胸の谷間に擦り付けるとあまりの気持ち良さにすぐに射精してしまました。
勢いよく出た精子は、彼女の顔めがけて飛んでいき、大量の白濁液が彼女を顔を汚しました。
射精する瞬間はなんだか時間が止まっているように感じました。

今思えば、素人というジャンルは未体験でしたが、なかなか素晴らしいジャンルですね。
嘘か本当か謎ですが、騙されたと思って呼んでみてください。素人の見極めは読んでみないとわかりません。
喋ってみて「あ、この子素人だな」と直感でわかると思います。ハマる事間違いなしですよ・・・。
筆者は初々しい感じの女の子をしばらく呼び続けたいと思います。

夜這い vol2

寝ている彼女の観察を終えると、興奮してギンギンに勃っているあそこを彼女の口に当てたりてみました。
それでもまだ起きる気配はありません。
本当に寝ちゃったかな?と思い、寝ているところを感じさせてみたいと思ってきました。
まずは寝ている格好で乳首をつまんでみました。いきなりの事で最初はビクッとしていましたが、次第に体をくねくねさせて寝ながら感じています。
そそままの流れで、パジャマの上から乳首を唇でハムハムと甘噛みすると、プルプルと体が振動します。きっと彼女は起きていて、寝ている振りをする為に感じているのを隠しているに違いありません。
パジャマの下から今度はパンティーを触ってみると、予想どおり、すでにぐちょぐちょに濡れていました。
次から次へと溢れ出て来るようで、このデリヘル嬢は相当エロいんだなと実感しました。興奮して壊れた電車のようにブレーキが効かなくなってしまった私は、直接彼女の股間を触ると、そのまま指を挿入してしまいました。
女の子は「アグッ!」という声を漏らすと、私の高速な指の動きに合わせて「アンアン」とわめきます。
終いには指を2本使い、Gスポットとクリトリスを同時に攻めると、大きく体を震えさせて、取り乱しています。3回ほどイってしまったようで、ぐったりしているのが分かりました。

さすがに女の子は起きてしまい、夜這いプレイは終わったのですが、夜這いしている側も気持ちよくなりたかったので、フェラチオをしてもらう事になりました。
ねっとりとした唾液を口いっぱいに溜め込んでのフェラは相当気持ちが良かったです。
彼女の吸引力は半端なく、気を抜いてしまうと今にもイってしまいそうになる程でした。フェラチオ部門では歴代1位ですねこの子は。
ただ吸うだけではなくて、舌を使って高速ローリングしてくるのです。

完璧に起きてしまった彼女は、バッグからバイブを取り出しました。
ピンク色でいかにもバイブな感じで、エロいです。これをあそこに入れて欲しそうなのですが、スイッチの「極悪」は止めてと言われました。
確かにこのバイブ、他にはない強さの表記になっています。普通だったら「強」「弱」と書いているのですが、なんでしょう「極悪」って。
人は「してはいけません」と言われるとしたくなって来る生き物です。
「絶対に押すなよ!」と言われると押したくなる生き物です。

絶対「極悪」にはしないよ〜といいつつ、バイブを彼女に突っ込むと最初は「弱」で丁寧に感じさせました。
次第に盛り上がって来ると、「強」に移行します。動かし方も激しくなってきて、彼女の感じ方もワイルドな感じになってきました。
かなり盛り上がってきたところで「極悪」のボタンが頭をよぎります。
押していいものかどうか、彼女にバイブを挿しながら考えました。
ちょっとだけだったら良いだろうと思いスイッチを押すと、けたたましいモーター音が鳴り響き、バイブがものすごく振動しています。
デリヘル嬢を見ると、すでに痙攣しているようで、「早く止めて・・・」とか細い声で訴えてきました。
その後、このデリヘル嬢にこっぴどく怒られて、帰宅となりました・・・。

何事もやりすぎはいけませんね。

夜這い vol1

先日のデリヘルで、ちょっと思った事がありまして、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、夜這いをしてみたいと思ったのです。
このご時世、リアルな夜這いはいけない事なのですが、デリヘルのサービスて夜這いコースというのをどこかで見た事があるので、ちょっと探してみました。
北上のような田舎でもきっとあると信じていました。黙々と探すこと2時間。やっと夜這いコースのあるお店を見つけました。
夜這いとは、寝ている女性を無理やり襲う事。と皆さんは思っているかもしれませんが、本当はいきなりではなくて、事前に今夜行くけどいいですか?的なことを話してから行うようです。
地域によっては、夜忍び込んで鍵がかかってると拒否されたということになっていたようです。
私はそんな過去はどうでも良いので、一般邸に知られている、忍び込んで無理やりやる!そんな疑似体験をしたかったのです。
デリヘル店のコース案内にも同様の事を書いていました。

早速、女の子を手配し、事前にちょっとしたシナリオを考えていました。
襲われてすぐは嫌がる仕草をして、だんだんといい気持ちになって来ると心を許してしまう・・・。そんなストーリーです。
早速女の子がやって来ました。すごく可愛らしい女の子で、若い感じです。北上駅前にいそうな雰囲気の清楚な女の子でした。女の子にストーリーを告げると、準備に入りました。
部屋を暗くして寝たふりをしています。
さらにリアルな感じにするために、ちょっともったいないのですが、そのまま20分ほど何もせず待ちます。
シーンとした無音の空間が広がります。この間、女の子が本当に寝てくれれば一番良いのですが・・・。

20分経って、とうとう夜這いする瞬間がやって来ました。寝息がすごいので、本当に寝ているかもしれません。
まずは足元の布団をゆっくりとめくります。ふくらはぎを手の甲でさらっと触ってみると、すべすべてとても気持ちの良い感触が伝わって来ます。
胸にかかっている布団をずらすと、なかなか巨乳のおっぱいが揉んでくれと言わんばかりに強調されていました。
私はバレないようにそっと乳首あたりに手をやると、一度で乳首を探し当てました。乳首はまだ柔らかくリラックスしているようです。
ヘソのあたりから手をパジャマの中に入れて、パンティーの上からクリトリスを撫でてみると、ごく僅かにビクッと反応しています。
我慢しているのでしょうか?それとも本当に寝ているのでしょうか?今の段階ではまだなんとも言えません。

私は一旦女の子に触るのを止めて、体をじっくり観察する事にしました。
唇はプリッとしていてキスがとろけそうな感じです。おっぱいはおそらくDカップぐらいの美乳です。
お尻も大きくプリッとしていますが、腰は細いのでくびれがセクシーで堪りません。
まだパジャマを着ているので、分かりませんがあそこの具合もきっと素晴らしいものを持っているでしょう。

後半に続きます〜

コスプレデリヘル

ロリ系のコスプレイヤーに興味があり、ネットでいろいろな情報を検索していると、北上デリヘルでもオプションとしてサービスしているデリヘルが多数見つかりました。
本格的に店のジャンルとしてコスプレ店というお店はなかったが、どのお店もコスプレオプションは用意してあるようです。
私はただのコスプレでは飽きたらず、ロリ系の童顔な子がコスプレをしてサービスしてくれるお店を選びました。
もともとアニメとか漫画が大好きなんですが、コスプレとなるとちょっと恥ずかしくて足を踏み入れにくいジャンルだった為、興味はあるものの知識はゼロです。

好きなアニメのヒロインと、擬似的エッチをするなんて、こんな素晴らしいことはありませんよね。
ここまできたら自分を100%捨てて、なりきった女の子に来て欲しいです。
女の子も選び終えて、早速部屋に呼んだのですが私が想像していたよりレベルの高い女の子がやってきました。コスプレ名は恥ずかしいので言えませんが、細かい部分までアニメと同じ作りです。
女の子自体もロリ系で、コスチュームとマッチしています。早くも女の子は私の手を取り、おっぱいにあてがってきます。その行為に私はかなり興奮してしまい、自ら両手でおっぱいを揉みしだきました。
揉んでいるうちに手のひらに固い感触がありました。親指の爪でコリッ!と引っ掻いてみると、女の子はビクッとなります。この反応が楽しくて、なんども引っ掻いてはびくっ!の連続でした。

衣装を着たままの行為はNG(汚れるから?)との事だったので、彼女を全裸にすると、ロリっぽい体型がさらに私を熱くさせました。
透き通る様な白い肌、触ってみるとスベスベの肌、とにかく肌触りが最高でした。「お餅の様な肌」という言葉が一番似合います。
そんな彼女を全身舐め回したい!そんな欲望が一気に私の脳を占領します。
考えるよりも先に体が動いていました。足の指先から丁寧に一本一本舐め上げて、だんだんと彼女の股間へと近づいてくると体温が次第に高くなっていることに気づきました。
相当興奮しているのでしょう、股間付近に来る頃には体温が最高に上がって汗ばんで来るのが分かりました。
思う存分にクンニをすると、彼女はすぐにイってしまいました。
彼女が言うには、こんなネチネチとしたエロい経験は初めてだそうです。私はその言葉に気を良くし、イってしまった彼女をさらに何度もイカせることにしました。
クンニだけでは物足りず、手マンをしながらクリトリスをレロレロと吸ってみました。意外なことでしたがこれが一番気持ちが良いとの事で、しばらく続けていると、何度も何度も痙攣しながら彼女は果ててしまったのです。
あまりに刺激が強かったせいか、彼女はしばらく動けないでいました。

そのまま放っておくと、疲れて彼女は寝てしまった様です。
このまま夜這いしようと思いましたが、ちょっと彼女が可哀想になってきて、時間いっぱいまで寝させてあげました。
今思ったのですが、夜這いしてみたいです。次回は夜這いを実行してみましょう!

懐かしいにおい

 

最近「ギャル」という言葉を聞かないような気がします。
一昔前はガングロにルーズソックスというものが流行ったのですが、今ではそんな恰好をした学生は見なくなりましたね。
北上でもJKはみんなルーズソックスを履いていました。ギャルみたいな服装も流行ったのですが、私はこのスタイルがどうしても頭から離れないのです。
ちょっと悪っぽい、小悪魔的要素いいと思いませんか?ちょっと古いけど、まだギャルっぽい女の子がデリヘルにいるのなら是非とも呼んでみたいのです。
という訳で、北上のギャルいただきます。
大手検索サイトで、ギャルというジャンルがあったので検索して見ると、出るわ出るわ。意外にギャルって人気だったりするのかな?
利用者がギャル世代だからというのもありそうですね。

吟味に吟味を重ねて、一人の女の子に絞りました。
見た目はギャルです。しかも当時のイケイケの感じが出ていて結構リアルです。
早速お部屋に到着し、舐めるように頭の上から足の先まで観察しましたが、当時のまんまの雰囲気で既に私の股間はビンビン状態です。
驚くことに、女の子と喋ってみると、通称ギャル語という言葉を巧みに使うベタベタの感じでした。

いやー参りましたね。ビンゴですよ。
今まで北上でいろんなジャンルのデリヘルを利用してきましたが、この子は今の所1位ですね。
当時の記憶がバシバシ蘇ってきます。流行っていた音楽やファッション。この子がいるだけで当時のカルチャーを呼び戻せます。
肝心の性的興奮もマックスでしたので、部屋を暗くして後ろから抱きつきました。
最初は、体全体を撫で撫でしていたのですが、気付けばおっぱいを揉んでいました。
洋服の中に手を入れて、ブラジャーのホックを外すと、硬くなった乳首が手のひらに当たります。
コリッコリになってしまった乳首は、ちょっと触れただけでも相応気持ちが良いらしく、「あうっ!」という喘ぎ声が漏れます。
声もセクシーで本当に堪りませんでした。

彼女を立たせたまま、私の手は股間へと伸びていきます。
パンティー越しに既に濡れてるのが分かりました。ちょうど割れ目の部分に指が差し掛かると、いやらしい声で直接触ってと言われました。
よし分かったと、パンツの中に手を入れて、優しくクリトリスをいじってみると、「あ゛あ゛あ゛〜」という声とともにイってしまいました。
手は大量の潮でびちょびちょになっています。
相当感度がいい彼女を私は放っておけなくなり、イってしまった後も何度かイかせてやりました。
私も早く気持ちよくなりたかったので、彼女に口でしてもらうことにしました。

外見も好みでしたが、テクニックも相当なようで、上手すぎる舌の使い方に驚きの連続でした。まさに異次元の動きと言ってもいい動作は、鳥肌ものです。
当然、我慢ができなかった私は、彼女の口の中でドロッとした液体を放出してしまいました。

女の子にはまた絶対に呼ぶ約束をしてその日を終えました。

実践!の前に・・・

いよいよ、実践です。今回は高身長の淫乱痴女を呼んでみようと思います。
上記でさらった書きましたが、このワードには3つのキーワードが隠れています。

「高身長」「淫乱」「痴女」

この要素をすべて持ち合わせた女の子を選んでみたと思うのですが、オフィシャルホームページは嘘が多いです。
料金ページは流石に嘘はないですが、女の子紹介ページは100パーセント信じると痛い目を見ますので、話半分で流しましょう。
お店で操作できちゃう部分ですからね。最近はありえないほど高画質な、まるでグラビアのような写真を利用するお店が目立ちますが、辞めておいたほうが良いです。
極論を言うと、「己の2つの目ん玉を信じる!」これにつきます。
自分でお店を調査して、判断するということなんですが、その判断材料は、色々あります。よくバ◯サイとか口コミサイトを参考にするという話を聞きますが、デリヘルの送迎をしている友人に聞くと、書き込みしているのはほとんどデリヘル業界の関係者と言います。本物のネタもあるようなんですが、それを嗅ぎ分けるには、サイトに張り付いていなければなりません。
私も時々参考程度に見ています。
そして、忘れてはいけないのが写メ日記ですね。女の子ブログともいいますね。
このコンテンツは女の子が直接女の子の携帯から送信すると触れこんでいますが、こちらは女の子になりすまして送迎スタッフが書いているなんて誰も想像できませんよね。
こうなってくると、何もかもが信じれなくなってきますが、私が今まで北上デリヘルを利用してきて分かった事は、「ブログをまめに書いている女の子は、性格最高!美人も多し!」ということです。

結局何が言いたかったのかといいますと、多種の努力は必要ということです。
見極める力を養って、ちょっとずつリスクを減らしていきましょう。
私も最初は失敗の連続で、嫌になった頃もありました。ボッタクリに近いような料金設定と女の子質で、北上のデリヘルを引退しようかと悩んだ時期もありました。
今思うと、あの日諦めないでデリヘルを利用してきてよかったと思っています。
何事も最初は失敗ばかりしてしまうものです。根気よく続けて、私のように失敗しない選び方をマスターしてみてください。

ただでさえ可愛い女の子が多い北上なんですから、他のエリアと比べると大変ゆいというのは誰にでもわかるはずです。
その優位性を利用して今回は老舗のG店を選んでみました。高身長というワードが一番難しいのですが、受付の人にお願いして探してもらいました。
ホテルに入って女の子が到着するのを待っていると、コンコンコンとノックする音が聞こえます。
そーっと開けると、モデルのような体型をした女の子がいました。
まずは「高身長」はクリアですね、次に料金を支払ってサービスが開始すると、彼女は顔つきがみるみる変わって甘えん坊になりました。
最初から「おちんちんほしい〜」とせがんでくる様にはびっくりしましたが、私もその非日常的なシチュエーションにムラムラきました。
その後はご想像のとおり、激しいエッチを行いました。

デリヘルのこと

私は北上に住んでいまして、趣味といえばもっぱらエッチなことです。
エッチなことって何かというと、性に関するもの全てなんですが、その中でも一番はデリヘルです。
何しろ、生身の女の子とふれあいながらイケるなんて、素晴らしいサービスじゃないですか。
AVとかエロ本とかを見てのオナニーなんて、なんだか虚しいですよね・・・。
オナニーはダメだとかは言いません、ただ、年に何回か位デリヘルを呼んでもバチ当たりませんよ。
北上にはデリヘルが多数ありますし、優良店も多いと聞きます。私の好きな素人系のデリヘルも多いです。

このブログでは、北上のデリヘルに今までイケていなかった人向けの、背中を後押しさせるような感じに紹介していければと思います。
ちなみにこのブログは個人のブログです。発信する内容が偏ってしまう場合がありますがご了承下さい。
デリヘル初心者さん向けに成功談や失敗談を書きますので、「こんな場合はこうした方がいい」といったノウハウ的な要素が山盛りですので、北上のデリヘルで困ったことがあったら覗いてみて下さい。
質問も受け付けます。

さて、ここ北上市は温泉が有名ですが、そんな温泉宿にデリヘルは呼べるのでしょうか?
皆さんどう思いますか?ラブホ意外の宿泊施設にデリヘルを呼ぶ場合、フロントが最大の難問と言われています。
フロントさえクリアしてしまえば、女の子はお客さんのお部屋にたどり着けますからね。
個人でやっている宿のような所では、かなり人の目が気になります。ましてや、部屋が密集していることから、プレイ中に廊下や隣部屋に最中の声が丸聞こえなんて事もあります。大きくて人通りのあるフロントのホテルで行ったほうが無難でしょう。みんなに声を聞かれたい!フロントから怒られたい!なんて人はどうぞどうぞご勝手に。
知りませんからね(笑)

そして、デリヘルと言えば、誰しもが思うであろう本番です。
本番は法律で禁止されていますので、女の子に強要したりお金を積んでお願いしたりというような行動は避けるべきだと思います。
男なので本番したい気持は良くわかります。しかし、健全に遊ぶにはルールがあるので、守る必要があるんです。
お店が罰せられますが、最悪、お客さん側も罰せられます。
人生を台無しにしないためにもこの点は必ず守るようにして下さい。

次は明るい話題。
お店によって、コースは様々です。
メイドコースやお姉さんコース、ロリ、OL、制服など、本当に様々なんです。
私は素人好きの制服好きなので北上のこの環境に大変満足しています。
そしてこんなこと言ったらアレなんでしょうけど、なぜか北上のデリヘル店はレベルが高く、あまり不細工な女の子に当たったことがないのです。
北上美人なんて言葉があるかは分かりませんが、これも安心してデリヘルが呼べる要素の一つですね。

次回は実際に女の子を呼んでレポートしてみます。
あまり文章での表現が出来ないですが、出来る限り頑張って書いてみようと思います。