懐かしいにおい

 

最近「ギャル」という言葉を聞かないような気がします。
一昔前はガングロにルーズソックスというものが流行ったのですが、今ではそんな恰好をした学生は見なくなりましたね。
北上でもJKはみんなルーズソックスを履いていました。ギャルみたいな服装も流行ったのですが、私はこのスタイルがどうしても頭から離れないのです。
ちょっと悪っぽい、小悪魔的要素いいと思いませんか?ちょっと古いけど、まだギャルっぽい女の子がデリヘルにいるのなら是非とも呼んでみたいのです。
という訳で、北上のギャルいただきます。
大手検索サイトで、ギャルというジャンルがあったので検索して見ると、出るわ出るわ。意外にギャルって人気だったりするのかな?
利用者がギャル世代だからというのもありそうですね。

吟味に吟味を重ねて、一人の女の子に絞りました。
見た目はギャルです。しかも当時のイケイケの感じが出ていて結構リアルです。
早速お部屋に到着し、舐めるように頭の上から足の先まで観察しましたが、当時のまんまの雰囲気で既に私の股間はビンビン状態です。
驚くことに、女の子と喋ってみると、通称ギャル語という言葉を巧みに使うベタベタの感じでした。

いやー参りましたね。ビンゴですよ。
今まで北上でいろんなジャンルのデリヘルを利用してきましたが、この子は今の所1位ですね。
当時の記憶がバシバシ蘇ってきます。流行っていた音楽やファッション。この子がいるだけで当時のカルチャーを呼び戻せます。
肝心の性的興奮もマックスでしたので、部屋を暗くして後ろから抱きつきました。
最初は、体全体を撫で撫でしていたのですが、気付けばおっぱいを揉んでいました。
洋服の中に手を入れて、ブラジャーのホックを外すと、硬くなった乳首が手のひらに当たります。
コリッコリになってしまった乳首は、ちょっと触れただけでも相応気持ちが良いらしく、「あうっ!」という喘ぎ声が漏れます。
声もセクシーで本当に堪りませんでした。

彼女を立たせたまま、私の手は股間へと伸びていきます。
パンティー越しに既に濡れてるのが分かりました。ちょうど割れ目の部分に指が差し掛かると、いやらしい声で直接触ってと言われました。
よし分かったと、パンツの中に手を入れて、優しくクリトリスをいじってみると、「あ゛あ゛あ゛〜」という声とともにイってしまいました。
手は大量の潮でびちょびちょになっています。
相当感度がいい彼女を私は放っておけなくなり、イってしまった後も何度かイかせてやりました。
私も早く気持ちよくなりたかったので、彼女に口でしてもらうことにしました。

外見も好みでしたが、テクニックも相当なようで、上手すぎる舌の使い方に驚きの連続でした。まさに異次元の動きと言ってもいい動作は、鳥肌ものです。
当然、我慢ができなかった私は、彼女の口の中でドロッとした液体を放出してしまいました。

女の子にはまた絶対に呼ぶ約束をしてその日を終えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です