夜這い vol1

先日のデリヘルで、ちょっと思った事がありまして、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、夜這いをしてみたいと思ったのです。
このご時世、リアルな夜這いはいけない事なのですが、デリヘルのサービスて夜這いコースというのをどこかで見た事があるので、ちょっと探してみました。
北上のような田舎でもきっとあると信じていました。黙々と探すこと2時間。やっと夜這いコースのあるお店を見つけました。
夜這いとは、寝ている女性を無理やり襲う事。と皆さんは思っているかもしれませんが、本当はいきなりではなくて、事前に今夜行くけどいいですか?的なことを話してから行うようです。
地域によっては、夜忍び込んで鍵がかかってると拒否されたということになっていたようです。
私はそんな過去はどうでも良いので、一般邸に知られている、忍び込んで無理やりやる!そんな疑似体験をしたかったのです。
デリヘル店のコース案内にも同様の事を書いていました。

早速、女の子を手配し、事前にちょっとしたシナリオを考えていました。
襲われてすぐは嫌がる仕草をして、だんだんといい気持ちになって来ると心を許してしまう・・・。そんなストーリーです。
早速女の子がやって来ました。すごく可愛らしい女の子で、若い感じです。北上駅前にいそうな雰囲気の清楚な女の子でした。女の子にストーリーを告げると、準備に入りました。
部屋を暗くして寝たふりをしています。
さらにリアルな感じにするために、ちょっともったいないのですが、そのまま20分ほど何もせず待ちます。
シーンとした無音の空間が広がります。この間、女の子が本当に寝てくれれば一番良いのですが・・・。

20分経って、とうとう夜這いする瞬間がやって来ました。寝息がすごいので、本当に寝ているかもしれません。
まずは足元の布団をゆっくりとめくります。ふくらはぎを手の甲でさらっと触ってみると、すべすべてとても気持ちの良い感触が伝わって来ます。
胸にかかっている布団をずらすと、なかなか巨乳のおっぱいが揉んでくれと言わんばかりに強調されていました。
私はバレないようにそっと乳首あたりに手をやると、一度で乳首を探し当てました。乳首はまだ柔らかくリラックスしているようです。
ヘソのあたりから手をパジャマの中に入れて、パンティーの上からクリトリスを撫でてみると、ごく僅かにビクッと反応しています。
我慢しているのでしょうか?それとも本当に寝ているのでしょうか?今の段階ではまだなんとも言えません。

私は一旦女の子に触るのを止めて、体をじっくり観察する事にしました。
唇はプリッとしていてキスがとろけそうな感じです。おっぱいはおそらくDカップぐらいの美乳です。
お尻も大きくプリッとしていますが、腰は細いのでくびれがセクシーで堪りません。
まだパジャマを着ているので、分かりませんがあそこの具合もきっと素晴らしいものを持っているでしょう。

後半に続きます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です