同僚とまさかの・・・

会社で、デリヘルのホームページを見ていたら女性社員から見つかってしまいました。
100パーセント私が悪いんですが、その女性社員から駆け引きのようなものがありまして、口止め料として私と体の関係を持ちたいのだそうです。
私もタダマンできるならとすぐにOKを出しまして、そ日の夜、実際にする事になったのです。
素人とエッチするのは何年振りでしょうか?デリヘルの素人系とは訳が違います。
本物の一般人なのですから。北上で会社の同僚にバレなさそうなラブホテルを探したあげく、郊外のラブホテルに決定しました。

助手席に会社の女性社員がスーツを着て乗っているのがかなり違和感がありました。
そしてその光景にすでに興奮しているのか、私は股間はどんどん熱くなっていきます。
ホテルに到着すると、なんで私としたかったのか根掘り葉掘り聞いてみました。
彼女は以前から私としてみたかったようです。デスクが近いこともあり、毎日顔を合わせているとだんだんと性欲が湧いてくるようです。
最近では、我慢できなくなると会社の女子トイレでオナニーしているらしいです。毎日一緒にいますが気づかなかった・・・。
彼女がそんな淫らでハレンチだったとは想像もつきませんでした。

着ているベストを脱がせると、シャツの上からでも分かる程の大きなおっぱいが飛び込んできました。
思っていたよりも巨乳でしたので驚きました。最初はなんだか恥ずかしかったのですが、次第にエロい雰囲気になり、気づけばその巨乳を揉みしだいていました。
彼女の顔は普段見ない女の顔になっていて、会社で見る顔とは全く違います。
ブレーキが効かなくなってしまった彼女はスルリと私の股間を弄ってきます。ベルトを外しパンツを降ろされてそのままフェラチオされました。
やっぱり会社の同僚という要素がかなり大きくてデリヘルとは違いかなり興奮します。
彼女を裸にすると、大きなおっぱいが非常に興奮します。そして驚く事にパイパンでした。

すでに愛液でびちゃびちゃになっているあそこをぺろりと舐めると、「うぐっ・・」と我慢する声を漏らします。
「欲しいのか?」と尋ねると、恥ずかしそうに「うん・・・」といって顔を赤らめました。
当然私も我慢の限界に来ていたので、正常位の格好で挿入しました。穴はヌルヌルとしていましたので、私の大きな股間はスルリと簡単に入っていきました。
彼女のあそこは結構しめつけがなく、ゆるゆるでしたので、私の他にセフレがいるのか?と尋ねると、6人ほどいるとの事。
相当好き者のようで、毎週誰かと交わってるとこの事でした。

念のためにないとは思いますが、北上でデリヘルをした経験はあるかと問い詰めると、さすがにそれはないとの事で安心しました。
この夜は2回ほどイってしまいましたが、今後もこのセフレ関係を続けたいと思います。
ひょっとしたら、誰もいなくなった社内でできるかもしれません。
これは相当燃えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です